おひさまぼしもいいけどカーペットクリーニングできれいに

ふわふわのカーペットに寝転ぶととても気持ちが良いですよね。でもよく見ると汚れがいっぱいなんてことはありませんか。毛足が長いふわふわなカーペットはごみが溜まりやすいです。そこで、簡単なカーペットクリーニングの方法を紹介します。まずゴム手袋、コロコロ、重曹、雑巾、シャワーブラシを用意します。まずゴム手袋を通常通りはめてカーペットの表面を撫でます。するとほとんど力を入れていなくても、ゴムの面にゴミがたくさんついてくるのです。カーペットのもっと奥のゴミを取りたい方にはシャワーブラシがおすすめです。こちらでカーペットをこすると、ゴッソリごみが取れます。奥のごみを取った後はコロコロで表面を綺麗にします。また、カーペットについたシミが気になる時は重曹を使います。ぬるま湯で溶かし、雑巾につけてシミをトントンと叩くようにこするととても綺麗になります。このように簡単にカーペットクリーニングが出来るのです。

カーペットクリーニングを自宅でする方法

カーペットの汚れが気になるけれどクリーニングに出すとお金がかかると悩んでいる方に、カーペットクリーニングを自宅でする方法を紹介します。洗濯機に入る大きさの物は洗濯機で丸洗いします。まずカーペットに掃除機をかけゴミや埃を取り除きます。シミがある場合はぬるま湯に重曹を溶かしたものを使いシミ抜きをします。その後丸めて洗濯ネットに入れて洗濯機で洗います。洗濯機に入らない大きさの物は浴槽で丸洗いします。掃除機をかけシミ抜きをした後浴槽に入れ、ひたひたになる位お湯をはります。お湯の量に合った分量の酸素系洗剤か、洗濯洗剤を入れ足で踏みながら押し洗いします。足で踏みながら洗いと脱水を繰り返し、お湯が綺麗になったら脱水して終了です。その後物干し場で干しましょう。これで乾けば自宅でのカーペットクリーニングは終了です。意外と簡単に出来ますので一度やってみてはいかがでしょうか。

日常的に行うカーペットクリーニングの方法

毎日使うカーペットは汚れていますが、なかなかクリーニングに出せないし、掃除機は毎日かけているけどそれで綺麗なのか心配という方に、日常的に行うと良いカーペットクリーニングの方法を紹介します。まずゴム手袋をつけてカーペットを円を描くように撫でましょう。そうするとカーペットの毛足に深く絡まりついていた埃や髪の毛が浮き上がってきます。それを手で集め掃除機をかけましょう。最初はカーペットの毛足を逆立てるようにかけ、その後戻すようにかけると良いでしょう。コロコロで仕上するとさらに綺麗になります。カーペットの拭き掃除も大事です。キャップ一杯位の中性洗剤をバケツ一杯のぬるま湯で溶かします。そのお湯で雑巾を濡らしカーペットの毛並みに沿って強く拭くと良いでしょう。雑巾を固く絞ってから拭くことがポイントです。月に一回くらい行うと良いでしょう。ちょっとしたコツで毎日綺麗なカーペットで過ごすことが出来るのです。