カーペットクリーニングで健康生活

部屋の印象に大きく関係するカーペットですが、せっかくのお気に入りのカーペットが汚れていたら元も子もありません。しかし、カーペットクリーニングに出すとかなりの費用がかかってしまいます。汚れた時にすぐに対処できるような方法があれば自分でキレイにしてしまいましょう。汚れが気になる場合は、表示タグを確認して、手洗いができるようであれば洗いましょう。お風呂の浴槽にぬるめのお湯をいれて洗剤を溶かし、そこにカーペットを浸します。十分に洗剤が溶けたお湯がしみたら、足で踏み洗いをしましょう。汚れが落ちてくるとお湯の色が変わってきます。特に汚れていている部分が気になる場合は、その部分を使い古した歯ブラシなどで軽くこすって汚れを落とします。あとは数回すすいで、水分を切って日陰に干しておきましょう。

掃除機をかけたあとに拭き掃除でカーペットクリーニング

カーペットの汚れは、目に見えるものだけではありません。繊維に細かくついた汚れや奥深くに入り込んでいる汚れは、吸い取ってから拭き取るのが一番のカーペットクリーニング法です。まずは掃除機で汚れを吸い取ってみます。掃除機で吸っても吸っても取れないゴミは、ゴム手袋をはめてカーペットの表面をこすりましょう。ゴム手袋とカーペットの摩擦で面白いほどごみや汚れが取れます。スポンジで擦っても同じようにゴミが取れますので試してみてください。そして、掃除機をかけたあとは、中性洗剤を溶かしたぬるめのお湯につけた雑巾で拭き掃除をします。カーペットの表面を強く拭くだけでかなりの汚れが取れます。中性洗剤よりもカーペット専用の洗剤のほうが汚れがよく落ちますので、汚れ具合によって使い分けてください。

カーペットクリーニングの仕上げはドライヤーか日陰干し

カーペットクリーニングを自宅でしたあとは、しっかりと乾かすようにしてください。生乾きの状態だと臭いが出たり、ダニが発生したり、カビが発生したりすることもあるので注意が必要です。拭き掃除をしたあとはドライヤーを当ててブラッシングをして毛並みを整えます。もしクリーニングをしなくても、カーペットの毛が寝てしまっている時にスチームアイロンをかけながらブラッシングをすると、毛並みが戻ってきます。ふんわり感が出ますので試してみてください。いずれにしても、生乾きの状態のまま放置しないようにしてください。乾かす時はカーペットが傷まないよう、日陰で干すようにします。カーペットによっては太陽の光で色がすけてしまうこともあるので注意してください。月に数回は自分でカーペットクリーニングをして、キレイで生活な状態を保つようにしたいものです。