洗濯機ではできないカーペットクリーニングをぜひ体験して

カーペットクリーニングをする場合、お店に出すのは持っていったり取りに行ったりが手間ですし、なによりお金がかかります。そこで、自宅でかんたんにクリーニングする方法がおすすめです。まずはカーペット自体が水洗いが可能なのかどうかを確認します。カーペット全体に掃除機をかけて、ゴミを取り除きます。目立つシミは事前に洗濯洗剤を薄めたものを歯ブラシなどにつけてこすり、落としておくと良いでしょう。洗濯機に入らない大きさのカーペットの場合は浴槽にカーペットが浸るくらいの湯を張り、お湯の量に合った洗濯洗剤を入れます。洗剤が多すぎるとすすぎが大変なので適量が良いでしょう。洗う時には足で踏みます。汚れが浮いてきたら湯を抜き、また水を張り足で踏む、を繰り返していき、お湯がきれいになってきたら脱水して完了です。きれいなカーペットで清々しい毎日を過ごせます。

日頃からかんたんにカーペットクリーニング

日々の生活ですぐに汚れてしまうカーペットのかんたんなクリーニング方法を紹介します。カーペットクリーニングをするときにはまず表面の汚れを取り除きます。ゴム手袋を装着し、カーペットの上を円を描くようになでていくとゴム手袋の静電気で、絡みついていた髪の毛やホコリが浮き上がってくるのでかんたんに掃除ができます。仕上げに、カーペットの毛を逆立てるように掃除機をかけていきます。また、カーペットは拭き掃除も大切です。キャップ1~2杯の中性洗剤をバケツ一杯のぬるま湯で薄めて雑巾をつけ、その雑巾を固く絞ってカーペットの毛並みに沿って強く拭いていきます。月に1回程度この作業を行うだけで、きれいなカーペットが維持できるでしょう。きれいになったカーペットで、ゆっくりと家族団らんができます。

カーペットクリーニングと日頃の手入れ、注意点について

カーペットは日常生活の中で自分や家族がくつろぐスペースであるため、非常に汚れやすく、こまめなお手入れ必要です。きちんとお手入れ・管理をすることが清潔なカーペットを保つことにつながります。日頃からカーペットクリーニングを行い、きれいに使用していくと良いでしょう。1日1回手掃除機で表面のゴミや汚れを取り、週1回掃除機で汚れを吸い取り、月1回薄めた洗剤を溶かしたお湯で拭き掃除を行い、半年に1回天日干しを行う。これが清潔にカーペットを保つ秘訣です。注意点としては、カーペットを購入する際は水洗いのできる素材のものを選ぶことです。また、カーペットを保管する上で注意するべきことは、丸めてから風通しの良い場所に保管をすることです。折りたたむと繊維が裂けてカーペットが破れてしまうことがあるので絶対に避けるべきです。